サイトマップ

活路

最近は環境にも恵まれているのか本当に安定して日常生活が送れるようになってきた。

永遠に枯渇するかとおもわれていた心のエネルギーも、本当に少しずつだけど余裕を持ちはじめていると思う。

今思えば、うつ病当時の自分はエネルギーが暴発していたと思うし、感情も全く制御できない暴れ牛のようだった。

でもそれは仕方がないことだったし、自分にはそれが生きるために必要な通過点だったんだと思う。


天理教については、最初は拒絶する存在だった。

それが、うつ病発症を期に敵対する存在になった。

人生で抱え込み、我慢し、飲み込んでいた感情。
恨み辛みをここぞとばかりに出し尽くした。

本当にヒートアップしていた。

全てに噛みつき、本当に人に傷害を与える勢いだった。

目に殺意があったと思う。


負の感情を吐き出し、落ち着きを取り戻してから。

天理教は興味のないものに変わった。

元々少ないエネルギーで生活を立て直さなくてはいけないのに、そこにかけるエネルギーは全く無くなった。


今、生活が少し安定してきて、あの天理教はどうなってるんか気になってサーチをかけることが出てきた。

でもそこから更に突っ込んでというのは無いけれども。


あれから天理教の本体に関しては相変わらずの惨状なんだけれども。

個の重要性が増している現代社会でここ一、二年で大きく変わったなと思うことがある。

やっぱりネットだね。


負の感情がバッチバチでエネルギーが暴発していた頃の自分が引導した部分もあるんだけれども、Twitterで本音を発信しだして天理教界隈の話題が活発になった。

古い教会長さんがいつからか古い元会長さんに変わってたりしてフォロワーをぐんぐん伸ばしていって、しかも天理教頑張りましょーウェイ系や学生会のアカウントも数多くフォローしていたりする。

今まで限定された空間だけで共有されていた天理教に対する意見とかが手軽にネット上でオープンに共有されてきてる。

正直な変化でとても良いことだと思った。

アンチコメばっかり拾う人もいれば、感謝感激とかあの天理教路線を貫く人もいて、

おそらく年配な人たちがTwitterを中心としたネットに手を出しはじめて、初めて本当に正直な天理教の情報が収拾できるようになったんじゃないかと思う。

良い変化だと思う。


その中で、個人的に本当に面白いなと思ったブログが二つ出てきた。

一つが、ひさまつさんという人がやってるブログ『あれもこれも』

もうひとつがコムヨシさんという方がやってるブログ『コムヨシのブログ』


どちらも天理教の中に身を置きながら、現代的な表現で前向きに生活していくための考え方を噛み砕いて伝えていくブログっていう感じ。


以前までの自分は天理教に対してはその入り口の時点で拒絶反応がでて受け付けなかったんだけれども。

今はただ存在する何かに感覚が変わったので、天理教とかようぼくとか言われてもそれが障害にはならなくなった。

かといって改めて踏み込むかというと、どんなに印象が改善されようが絶対に関与はしないけどね。


この二つのブログがなぜ印象的だったかというと、もちろん天理教や天理教の教えなんかが出てくる訳だけれども、その話の着地点が『より良い人生を送るにはどうする』みたいな、より普遍的なことに向き合おうとしていること。

もちろん、ネットという現代的な手法で。

しかも語り口もおそらくその当人の同世代辺りに届きやすいように設定されていて読みやすかった。


天理教の素晴らしさを広げるブログ、ではないところが本当に好印象だった。
そもそも天理教の素晴らしさを発信するっていうこと自体目的がおかしい訳で。
洗脳のためには良いかもしれんが。


天理教社会学研究所さんみたいに問題点を指摘し、負の感情に火をつけるみたいなTwitterやブログは、同じ環境に苦しむ人からしたら、人生から天理教を切り離す突破口になり得るし、そういった境遇の人に対しては大きな助け船だと思う。



僕の予想なんだけれども、

ライトな天理教に関わりだした未信者がいたとして。

まずネットで軽くサーチするだけでも簡単に目に入るくらい負の情報で溢れている今の天理教に、今後深入りする可能性はかなり低いと思う。

教団は玩具より機能してないんで無視するとして。


一番、可能性があるのは、先の二つのブログのようなやり方かなと思う。

自分にも天理教にコミットしている友人がいるから、そう思う。


目的を、その人それぞれの人生に置いていて、それをより良くする方法を伝えるための手段として補助的に天理教を使っているっていう感じ。

だから、どの記事を読んでも結論は自己啓発本というかビジネス書とかで聴く真相心理みたいなことと同じようなところで終着していてストンと胸に落ちる部分がある。

天理教に関わった人にとっては理解しやすい形になっているんやと思う。


究極、別に同じことをそれぞれの仕事や生活を通じて表現できればそれはそれで最高やんというスタンス。

結構素晴らしいとおもった。

いや、これはおかしいな。

普通のことだと思った。


今まで普通のことをやってる姿が全然見えてこなかっただけ。

天理教サイコーみたいなウンコみたいなことをやっていただけだね。

で、洗脳して、金奪って。

最悪やん。


初めて天理教の意味のある形みたいなのが見られたから良かったなと。

天理教という共通のキーワードをもって、人生の強い生き方とかを共有できればいいよね。

もちろん、

働き方や仕事について学んでいく中で仲間とより良い人生の生き方を共有できればいいよね。

家族とも、もちろんそう。

なんでもそうなんだよ。



ま、



知らんけど。